SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

オイシックス・ラ・大地、投資子会社を通じて培養肉開発の米スタートアップ企業へ投資

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 オイシックス・ラ・大地は、投資子会社Future Food Fundを通じて運営するCVCファンド「Future Food Fund」にて、ロブスターやカニなど甲殻類の可食部位の培養技術を開発するフードテック企業Cultured Decadenceに、2021年7月30日に投資を実行した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 この投資は、サステナブルな食糧生産システム構築の実現に向けた連携や、世界的な課題である環境負荷軽減に向けたカーボンニュートラルの推進、アメリカ本国からのフードテック業界の動向のいち早い把握などを視野に入れたものだという。

環境保全活動に伴った持続可能な代替タンパク質や培養肉技術開発の発展

 代替タンパク質の全体市場は、米国ではプラントベースのビヨンドミート社、インポッシブルフーズ社が牽引し、大きく拡大している。日本国内でも、コロナ禍における健康志向、また環境に対する意識の高まりから、植物肉は一定の市場規模になることが想定されているという。特に昨今の環境意識の高まりから、既存の畜産は様々な制約から需要量を落としていくことが予想されている一方、発展途上国では経済成長にともない、畜肉供給量が増加している状況があるという。そのため、代替タンパク質については、プラントベースと並行して、培養肉の生産に乗り出すスタートアップ企業も増えてきており、コストの抑制と規制緩和が進むと培養肉についても一定の市場規模になると想定されている。

 CD社は、アメリカに本拠地を置くフードテックのスタートアップ企業でロブスターやカニなどの甲殻類の可食部位培養技術を主力事業としている。水産品の多くも気候変動による海水温の上昇による減漁や水産養殖による環境負荷など、将来安定した供給が難しくなる可能性が高く食肉事業と近い課題がある。Future Food Fundは安全性の高い培養肉の研究となるようにリードし、より良い未来の食生活の実現につなげたいと考えているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング