SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日本郵船と富士通、自動車専用船の積み付け計画作成を効率化 年間4,000時間の労働時間削減へ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日本郵船は、積載台数や車種、寄港数などにより変化する、自動車専用船の積み付け計画作成業務の一部を自動化するため、富士通の量子インスパイアード技術「デジタルアニーラ」を導入し、9月1日より実業務でのトライアル運用を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 両社は本技術により、日本郵船が蓄積してきた積み付けに関するプランナーのノウハウをアルゴリズム化。これまで専門のプランナーが、1隻あたり最大約6時間をかけて作成していた積み付け計画作成業務を、2.5時間に短縮したという。これにより、年間4,000時間の労働時間削減のほか、急な計画変更への迅速な対応や、経験値や技量によるプランナーごとの積み付け計画の品質バラつき防止などを実現するとしている。

 両社は今後、トライアル運用の中でさらなる処理の高速化や、出力結果の精度向上を図るなどシステムのレベルアップを進め、2022年4月に本格運用の開始を目指すという。また、荷役効率や本船の運航効率の向上を実現し、ソフトウェアイノベーションの側面から自動車輸送事業における温室効果ガス排出の最小化を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング