SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

外国人市場を拡げた3社の事例にみる、多言語対応による顧客体験の向上──WOVNが目指す多言語DXとは

Biz/Zine Day 2021 Autumn レポート Vol.6

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「言語」による分断を打破して真のボーダレスを実現する

 「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに掲げ、Webサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」を展開するWovn Technologies株式会社(WOVN)。Marketing Managerを務める森山氏は、「『多言語に対応する』というとき、単に翻訳だけでなく様々な調整が必要になる」と語る。たとえば、検索エンジンは国ごとに大きく異なり、たとえGoogleといっても国や地域によって、言語はもちろん、インターフェイスや検索できる内容、アクセスできるページも異なり、厳密に言えば“別物”だ。

 森山氏は、「インターネットはグローバルでボーダレスなイメージがあるが、実は言語によって分断されている。そこを打ち破り、異なる世界をつなぐことがWOVNのミッションであり、事業目的である」と語る。

 現在、WOVNは25ヵ国約150名で構成されたグローバル組織であり、累計約54億円の資金調達を実現している。CEOの林鷹治氏は元エンジニア、全社員の約40%がエンジニアというテックカンパニーでもあり、外国人も多く、海外で仕事をしている人も多い。近年は特に大手企業を中心として、導入展開が急速に拡大しており、主力サービスである「WOVN.io」の導入サイト数は18,000を超えている。

 「WOVN.io suite」は、Webサイト・アプリを、最大43言語・76のロケール(言語と地域の組み合わせ:例:米国英語・英国英語)に多言語化できるソリューションだ。

画像クリックで拡大表示

 ここで森山氏は、「Biz/Zine Day 2021 Autumn」のイベントページを「WOVN.io」で多言語化するというデモンストレーションを実施。「WOVN.io」の管理画面上で、ノーコードで設定を行い、実際にページの内容を吸い上げて、数十秒で英語に変換して表示させ、それを保存し公開した。通常ではページのコードに1文入れ込むだけで多言語化が可能だが、今回は「WOVN.io」を使って仮想的に多言語化を行ったものだという。森山氏は「このお手軽さと迅速性がWOVNの大きな価値」と語った。

 迅速性については「WOVN.io」が要する時間として、ページの英語化まで最短5分程度。これを人手力ですべて行うとなると、すべてのテキストをコピーして、翻訳し、日本語ページを作成した手順と同じことを再度行うことが必要になる。必要な期間として、サイトの規模にもよるが数週間、数ヵ月はかかり、数百万円以上のコストがかかるだろう。

 また、様々な機能が用意されており、きめ細やかな外国語対応ができるのも「WOVN.io」の大きな強みだ。たとえば、「用語集」では、頻出語や固有名詞などを登録しておくと自動的に登録されたとおりに外国語化される。また、「ライブエディター」では、ブラウザ上から設定するだけでCMSの操作やHTMLなどを開いて書き直すことなくすべてに反映させることが可能だ。画像やLinkについてもコントロールが可能で、言語ごとに使用する画像やLinkを切り替え設定することができる。

次のページ
多言語対応がオンラインでの顧客体験を向上させる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング