SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

外国人市場を拡げた3社の事例にみる、多言語対応による顧客体験の向上──WOVNが目指す多言語DXとは

Biz/Zine Day 2021 Autumn レポート Vol.6

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

高コストだった多言語対応を迅速・正確に実現する

 それでは、自社製品・サービス・データの多言語対応をどのように実現すればいいのか。これまでは内製・外注に関わらず、莫大なコストとリソースがかかるのが定石だった。まず、システムの課題として、改修コストが莫大であること。そして、煩雑なやり取り故に時間もかかり、人的リソースも割かれる。そして、翻訳業務の課題としては、外注コストの高さに加え、リアルタイム対応や翻訳の精度などにも不安があること、そして翻訳依頼から確認までのコミュニケーションコストが高いことなどが挙げられる。

 一方、「WOVN.io」であれば、言語ごとの開発費、運用費、運用人材の確保などが不要となり、一部確認などの人的な業務は残るが、ほぼ自動化できる。

 森山氏は「従来の運用と比較して、翻訳とシステム運用の工数、コストを大きく削減できる。削減規模はサイトの種類や規模にもよるが、実感値で1/2〜1/10にもなる」と語り、「また年間250以上の新機能をリリースするなど継続的に機能を追加・強化しており、そうした面でも費用的メリットは大きい」と強調した。

Wovn Technologies株式会社 Marketing Manager 森山真一氏
Wovn Technologies株式会社 Marketing Manager 森山真一氏

次のページ
多言語対応によって外国人市場を切り拓いた3社の事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング