SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ソニーにおけるデザイン活用

デザイナーが進めたソニーの「環境に配慮したパッケージ」開発──想いも運用も可視化して社内を巻き込む

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「環境負荷の少ないパッケージ」という課題

 プロジェクトのきっかけは、クリエイティブセンターでパッケージデザインを担当しているデザイナーが、5年ほど前から「環境負荷の少ないパッケージ」にしなければという問題意識を抱いてきたことにありました。プラスチックを用いないパッケージで、しかも原材料の生産背景からパッケージとしての最終形まで生産工程すべてにわたり、環境負荷を低減し、循環性を高めようと、徹底してこだわったのです。そこには、誰もやったことがない課題解決にチャレンジするという、ソニーのデザイナーが過去から受け継いできたDNAのようなものが働いてもいました。

 また、「どこの、何を、どのようにして、こうした」というプロセスを、ユーザーにストーリーとして伝え、環境への問題意識を喚起することも、本プロジェクトの目的に含まれていました。社会において、環境負荷を低減する意識が高まってくる中で、ソニーとしてパッケージに取り組む必要性を感じていたのです。デザイナーは「ソニーはこういう姿勢を持った企業である」という意図に対し、お客様に共感してもらう役割を担ったパッケージを作ろうと考えました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ソニーにおけるデザイン活用連載記事一覧
この記事の著者

ソニーグループ クリエイティブセンター(ソニーグループ クリエイティブセンター)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング