SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日立システムズ、脱炭素を支援する「Persefoni」を提供開始 CO2換算排出量の一元管理が可能に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日立システムズは、Persefoni AI, Inc.とCO2換算排出量の算定と分析を行う炭素会計プラットフォームのクラウドサービス「Persefoni」のリセラー契約を締結した。日本国内でのライセンス販売や導入・運用支援を7月から本格的に開始する予定だという。

 同サービスでは、企業や金融機関が、財務、事業活動、サプライチェーンに関するそれぞれのデータを「Persefoni」に入力することで、国際基準に則した形でCO2換算排出量を算定・可視化し、一元的に管理することができるという。

 サービスの機能は以下のとおり。

  • 炭素会計(コア機能):自社や投融資先企業の温室効果ガス排出量(スコープ1、2、3)の算出・報告
  • 気候変動ベンチマーク:自社の温室効果ガス排出量をCDPデータを基に競合他社と比較
  • 気候変動モデリング:SBTiに適合したカーボンニュートラル目標の策定、達成シミュレーションと実際数値の比較

 同社は今後、同サービスを金融機関を中心に導入、炭素会計ノウハウを蓄積していき、その後、他業種企業や地方自治体へ拡大していく予定だという。加えて、同社が持つ設備関連ソリューション・サービスなどを提供することにより、顧客のカーボンニュートラルの達成をワンストップで支援していく予定だとしている。

カーボンニュートラル達成プロセス
[画像クリックで拡大表示]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング