SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

起点は“現場の困りごと” コニカミノルタ伊藤氏が語る、「現場力×デジタル」による生産DX

Biz/Zine Day 2022 SummerレポートVol.7:コニカミノルタ株式会社 伊藤孝司氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

データ活用を量産するために推進リーダーを育成する

ステップ3:データ活用の量産化

 データ活用の「テーマ設計プロセス」と「三位一体」の型により、生産の全領域にテーマを拡大し、量産化の準備が整ったものの、実際に推進するリーダー人財が不足。そこで、現場サイドに推進リーダーの育成と増員を目的に、育成プログラムを開始した。この際、現場に増員した理由について、伊藤氏は「本部よりも現場に多いほうが、実務者が環境変化で察知する困りごとを早く持ち込める」と語る。

 こうして現場の推進リーダーが標準化された型に沿って現場の困りごとを起点に活動することで、データ活用によるテーマ設計を量産できるようになった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング