SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

起点は“現場の困りごと” コニカミノルタ伊藤氏が語る、「現場力×デジタル」による生産DX

Biz/Zine Day 2022 SummerレポートVol.7:コニカミノルタ株式会社 伊藤孝司氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

データ活用のテーマに落とし込むプロセスをルール化する

ステップ2:データ活用の型作り

 データ活用の自分事化に成功したことで、さらに現場の困りごと起点でのデータ活用を拡大することを決定。しかしながら、現場から様々な課題・困りごとの相談を受けるようになったものの、それがデータ活用で解決できるのか、具体的に何をすればいいのかが判断できず、実践拡大上の課題が発生した。そこで困りごとをデータ活用のテーマに落とし込む対応を模索するようになったという。

 そのために課題に対して、金額などの定量的な目標や指標となる数値を分解整理し、対象業務のKGI、KPIを作成。そして、特に重要なKPIに対し、目標と現状のギャップの要因を追求するために「なぜなぜ分析」による深掘りを行った。ここで、ようやく対策にデータが活用できるかを判断。この一連のプロセスをテーマ設計の“型”としてルール化し、すべての事例で実践した。つまり、データ活用ですべての困りごとを解決しようとするのではなく、「なぜなぜ分析」のような基本的な原因分析や対策考案を行い、その中でデータ活用が有効となれば行うという考え方だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング