SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Gartner、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ガートナージャパン(以下、Gartner)は、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」を発表した。同ハイプ・サイクルでは、未来志向型と捉えられるインフラストラクチャを中心とする36のテクノロジーや、トレンドとなっているキーワードを取り上げている。

 日本に特化した同ハイプ・サイクルでは、新たにメタバース、自律分散型組織、都市型エアモビリティ、デジタルヒューマン、ソフトウェア定義型自動車の5項目を追加。メタバースとともに現在注目が高まっているNFT(非代替性トークン)とWeb3も「過度な期待」のピーク期に位置付けられている(図1参照)。

図1.日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年<br/>[画像クリックで拡大表示]
図1.日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2022年
[画像クリックで拡大表示]

 メタバースは、先日発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2022年」では黎明期に位置付けられているが、今回は「過度な期待」のピーク期に位置し、日本ではグローバルよりも早い段階で過度な期待が寄せられていることを示している。

 Web3は、メタバースの中で価値や権利のやりとりを可能とする点において中核的な位置付けとなり、NFTの活用機会などをもたらす新たなプラットフォームと位置付けられている。Web3によって、インターネット規模で非中央集権型の取引・やりとりを自由に進められる仕組みが広がれば、中央集権型を取る現在の社会が大きく変わる可能性があるという。

 自律分散型組織(DAO)は、人、マシン、企業、他のDAOとビジネス上のやりとりを行う、ブロックチェーン上で自律的に動作するデジタルの集合体。既存の組織の運営法に影響を及ぼす可能性があるため重要であり、日本でも期待が高まっているとしている。

 ソフトウェア定義型自動車(SDV)は、コンセプトだけでなく具体的なテクノロジーを伴ったアーキテクチャや実装、オペレーションの総合的な議論と実践を支える重要なキーワード。ハードウェア中心のものであった自動車は、ソフトウェアで定義されたサービス・デリバリのためのシステムへと変わることを意味するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング