SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

「スタートアップワールドカップ2022」が開催 日本代表で「空飛ぶクルマ」のSkyDriveが準優勝

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ペガサス・テック・ベンチャーズ・ジャパンは、「スタートアップワールドカップ2022」の決勝戦をサンフランシスコで開催し、その結果を発表した。

 スタートアップワールドカップは、70以上の国と地域で予選が開催され、世界のスタートアップエコシステムの構築と起業家精神の育成を目的として設立されたピッチコンテスト。今回世界チャンピオンとなったのは、カナダ代表のsrtx。同社は、防弾チョッキや登山用具に使用されている繊維を使用し、破れないストッキングを開発・販売しており、その技術とビジネス・スキームが評価されたという。

 また、「空飛ぶクルマ」を開発する日本代表のSkyDriveは、準優勝となった。

 決勝戦に進んだ10社は以下のとおり。

  • Mi Terro(アメリカ)
  • iLoF(イギリス)
  • Lazarus 3D(アメリカ)
  • Matricelf(イスラエル)
  • SkyDrive(日本)
  • ANote Music(ルクセンブルグ)
  • Wonderverse(中国)
  • ViiT Health(メキシコ)
  • srtx(カナダ)
  • Japa(アメリカ)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング