SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

Mujin、SUBARUの工場にて高難度加工ライン投入作業をDX 安定稼働の構築、工数削減を実現

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Mujinは、SUBARUの群馬県大泉工場にて、独自のソフトウェアプラットフォーム「Mujinコントローラ」と、バラ積みピッキング知能ロボット「PickWorker」を用いて、クランクシャフト鍛造粗材の加工ライン投入作業を自動化した。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

複雑な形状の粗材ハンドリングをティーチレスで実現

 Mujinは、独自のソフトウェアプラットフォームで、対象物の形状や周辺環境を高精度で認識する3Dビジョンシステム、ロボットハンド、アーム、各種センサー類を一括制御することで、3Dビジョンシステムによるリアルタイムな認識結果を基に、瞬時に最適なロボット動作を計算、生成。

 そのため、事前にロボット動作を一挙手一投足ティーチングする必要がなく、複雑な形状の粗材ハンドリングに必要だった人員を省人化し、知能ロボットが柔軟に対応ができるという。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

スペースの最小化を実現

 既存の工場内にて新たに自動化設備を導入する場合でも、大型のロボットを採用しながらも、必要最低限のスペースで自動化が可能。高度なデジタルツイン技術により、現実と同じデジタル環境での事前ロボット動作計画シミュレーションができるため、設計段階で最低限必要なスペースを算出できるという。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

リアルタイムデジタルツイン環境で、知能ロボットセル全体の状態可視化

 Mujinのソフトウェアプラットフォームを基盤に構築する知能ロボットセルは、導入後の安定稼働に貢献するという。

 万が一のトラブル発生時でも、リアルタイムデジタルツイン技術により、セル内のどこで何が起きているのか詳細がリアルタイムで可視化されているため、リモートサポートによる初期対応・早期原因追及・トラブルに対する適切な対処が可能に。

 また、粗材同士が絡まることでロボットが2個同時に把持し、一時的に停止してしまうことを未然に防ぐためのセンサーによる異常検知機能を搭載。これにより、導入後の安定稼働を下支えしているという。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング