Biz/Zineニュース

八楽のクラウド型翻訳ツール「ヤラクゼン」がWordPressに対応

Webサイト翻訳機能を強化、APIに加えWordPressプラグインが使用可能に

 八楽(東京都渋谷区)は、10月28日、同社が運営するクラウド型の翻訳ツール「ヤラクゼン」のWordPressプラグインを開発・公開した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ヤラクゼン」は、無料から使えるビジネス向けのクラウド型翻訳ツール。ビジネス文書に強みを持つ自動翻訳と、辞書や文例集、ユーザー別のデータベース等、外国語対応に必要な各種の機能を備え、外国語対応の作業効率を大幅に高めるという。

 時間がない場合には、世界4万人の翻訳者に簡単に依頼することもでき、より品質の高い翻訳を求める場合は、オプション機能で経験豊富なプロの翻訳者へ依頼することも可能で、さまざまなニーズに対して利用できるという。

 今回、WordPressプラグイン「YarakuZen」 (ver. 1.0) を開発した。これにより、WordPress上の投稿および固定ページを翻訳する際に「ヤラクゼン」を使用することが可能になる。

 今後は、各ページ内容の翻訳だけではなく、ヘッダーやフッターを含むWebサイト全体の翻訳ができるようにバージョンアップをしていく予定だという。さらに、英語や中国語など他の言語の問い合わせや、問い合わせに対する返信の翻訳を自動化できるようなバージョンアップも予定しているという。上記のバージョンアップや既存のAPIに加え、今後もWebサイト翻訳機能を強化していくとしている。