SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「複業」という生き方

信岡良亮さんの「ない仕事」を作り出して、「島で楽しく暮らす」を実践する生き方

第7回:信岡良亮さん インタビュー【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「東のお米は危険」という理由で売れても嬉しくなかった

――ところが、会社はそんなに好調なのに、信岡さんは2014年5月、東京に戻ってきて、海士町の仕事もしながら新しい活動を始めることにします。その理由は何だったのでしょうか。

信岡: 2011年3月11日の東日本大震災ですね。地震が起きてから半年後ぐらいに、「海士Webデパート」で、お米がバカ売れしました。と言っても、10人程度の年間契約者の申し込みがあっただけなのですが、そんなにたくさん扱っていないので、すぐ売り切れ。つまり、東のお米は怖いから、西のお米を買おうという消費者心理が働いたわけで、どんな営業をするよりも効果があった。でも、僕は、そのことが全然嬉しくありませんでした。結局、ある田舎の力がなくなると、どこかの田舎が盛り上がる。それだけじゃないかと思えたんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「複業」という生き方連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング