SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

MITで学ぶDesign for Startup

デザイナーである僕がスタートアップを生み出す「MIT流教育」で得たもの

MITで学ぶDesign for Startup 第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

授業から起業へ 、そして得られたもの

MITで学ぶDesign for Startup

 いくつかのプロジェクトは実際の会社になるケースがあるのだが、僕たちのプロジェクトもその1つだった。3ヶ月の授業が終わると、このまま続けるのか、それとも解散するのかを決めることになる。僕たちのプロジェクトは当初4人のメンバーがいたが、1人が抜け、3人で継続してビジネスを検討することになった。ビジネスの内容以外にも、株をどのように分配するのか、他に必要な人材をどうやって集めるのかなど、様々な議論をし、起業に向けての準備を進めていった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
MITで学ぶDesign for Startup連載記事一覧
この記事の著者

永田 昌一(ナガタ マサカズ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング