GMOインターネット、「Z.com Cloud ブロックチェーン」正式版を提供

ブロックチェーン活用ビジネスの実現を支援

 GMOインターネットは、ブロックチェーンを活用した新しいビジネスの実現を迅速な立ち上げから支援するプラットフォーム「Z.com Cloud ブロックチェーン」の正式版を、1月22日から提供開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ブロックチェーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Z.com Cloud ブロックチェーン」は、 仮想通貨「イーサ(ETH)」での取引を行えるブロックチェーンプラットフォーム「イーサリアム」を利用して、ブロックチェーン上に分散型のアプリケーション(Decentralized Apps:DApps)を構築できるPaaS型のブロックチェーンプラットフォームになる。

 2016年12月からβ版を無料で提供しており、オープンソースの開発や実証実験を経て、そこで得た知見をもとにブラッシュアップし、このたび、ブロックチェーンを活用したビジネス展開に対応できるプラットフォームとして、正式版を提供するという。

 「Z.com Cloud ブロックチェーン」の特徴は次のとおり。

 1. データのアクセスコントロールが可能

 ブロックチェーンは、P2P方式という特性上、透明性の高さにより改ざんといった不正を防止できる一方で、記録データが全てのコンピューター(ノード)にオープンになるという課題があった。

 「Z.com Cloud ブロックチェーン」では、ブロックチェーンと並列して機密情報を保管するデータストア(データ格納領域)を設置し、データストア内に保存したデータのアクセスコントロールを実現している。これにより、データストアに保存された機密情報などのデータファイルは、権限を与えられたユーザーだけが呼び出して閲覧することが可能となる。

 2. トランザクション手数料(Gas)の代払い機能

 イーサリアムを利用したブロックチェーン上でプログラムが実行される際、使用者(ユーザー)は「Gas」と呼ばれるトランザクション手数料を仮想通貨(ETH)で支払う必要がある。しかし、ユーザーが仮想通貨を常時保有することはまだ一般的とは言えず、サービスの利用が敬遠されかねない。

 そこで「Z.com Cloud ブロックチェーン」では、この手数料をサービス運営者がユーザーの代わりに代払いできる機能を導入している。これにより、ユーザーは仮想通貨を保有する必要なく気軽に利用できるため、ブロックチェーンを活用したサービスの普及を図ることができる。

 3. 冗長化による高い耐障害性

 「Z.com Cloud ブロックチェーン」では、プライベート・ブロックチェーン環境を構築している。プライベート・ブロックチェーンのネットワークは、管理主体となる特定の組織・団体が運用するインフラ環境(クラウドやサーバー)内に形成されることが多いため、 世界中に点在するネットワーク参加者(ノード)で分散してデータを補完し合うパブリック・ブロックチェーンに比べると、可用性が低いと言える。

 「Z.com Cloud ブロックチェーン」では、 世界各地のインフラ環境にブロックチェーンネットワークを配置しているため、冗長化による高い耐障害性を実現している。 これにより、例えば災害などで一部のノードが損害を受けても、他の拠点に保管されたデータをもとにサービスを継続することができる。(近日対応予定)

 4. ブロックチェーン基盤をAPIでラッピング

 上記の機能を付帯したブロックチェーン基盤を、クラウドサービス「Z.com Cloud」上にAPIでラッピングして提供する。複雑なブロックチェーン技術をAPIで包括的にコントロールできるため、サービスをより簡単に構築することができる。

 なお、「Z.com Cloud ブロックチェーン」では、効率的にブロックチェーンを活用したサービスシステムを構築できるよう、次の6種類のプロダクトモデルを無料のオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)で用意しているという。

  1. 「医療機関カルテ共有システム」:医療カルテの情報共有を可能にするシステム
  2. 「トークントレーダー」:取引所構築システム
  3. 「地域トークン」:地域ポイントの発行・運用ができるシステム
  4. 「転売抑止チケット」:不正転売の抑止とチケットレス化を実現するシステム
  5. 「KYC」:本人確認を簡単・スピーディーに行えるシステム
  6. 「Pay@Table」:店員を呼ばずにテーブル会計ができるシステム