SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

SDGsから未来の市場を創る

Global Risks Reportから考える、世界が注目する環境リスクが企業に与える影響と機会とは

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

進む森林破壊ゼロ宣言―世界の動向と迫られる企業開示

 先日の第2回でご紹介した「パリ協定」では、温室効果ガスの削減目標だけではなく、温室効果ガスの吸収源および貯蔵源として、森林の保全について言及されています。大規模な植林事業によって世界の森林消失量は減少しているものの、依然として森林の消失は続いています。その森林消失の大きな要因として、パーム油、大豆、木製品、牛などの商品生産のための森林の転用があげられます。

 2009年に設立された食品・消費財大手や小売大手の約400社が加盟する国際的な業界団体「コンシューマー・グッズ・フォーラム」は、2020年までに開発による森林破壊をゼロにする目標を掲げ、現在は50社以上の理事企業が誓約しています。また、2017年11月には、日本企業のネットワーキングを支援するために、日本のローカル・グループが発足されるなど業界全体として動きが加速しつつあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
SDGsから未来の市場を創る連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末次 貴英(スエツグ タカヒデ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング