SDGsから未来の市場を創る──社会を変える事業を創出し、社会から選ばれる企業へ

第1回

 新たに企業経営のひとつの軸となりつつある「SDGs」。しかし、日本においては、戦略的に経営に組み込めている企業はまだわずかです。その原因は何か。どうすれば「SDGs」を戦略的に活用し、事業の競争優位性を獲得できるのか。本連載では、「SDGs」への対応に悩まれている担当者や新たな事業戦略を模索されている方を対象に、「SDGs」の本質とその具体的な取り組み方について解説します。

[公開日]

[著] 末次 貴英

[タグ] 事業開発 SDGs ESG投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業経営の新たな世界標準「SDGs」とは?

 「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」という言葉をご存知でしょうか? 企業が競争優位性を獲得し、未来の市場を創るための新たなキーワードとして、いま全世界で注目を集めています。

 SDGsは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字を取った言葉です。2015年9月の国連総会(連加盟国193国)で採択された「我々の世界を変革する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ」(Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development)と題する成果文書で示された具体的行動指針であり、すべての国々がSDGs達成に取り組むことが求められています。飢餓や貧困、気候変動の進行、生物多様性の劣化など、世界規模のさまざまな課題の解決を図るため、17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)が設定されており、よりよい未来に向けて全世界が動き出しています。SDGsは、2030年までの社会的長期ベクトルであり、おそらく今後後退することありません。SDGsを戦略的に活用することは、企業経営にとって、戦略刷新、事業革新の促進、ブランド価値向上等の機会を創出することにつながります。

バックナンバー