日本郵便のオープンイノベーションプログラムが募集開始

 日本郵便とサムライインキュベートは、スタートアップ企業と共創を行うオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」を2018年7月5日(木)から開始し、同日に公開した専用サイトにてスタートアップ企業を募集している。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ オープンイノベーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプログラムは、日本郵便とサムライインキュベートが2017年度に実施したオープンイノベーションプログラムの第2回目として実施される。現在の物流業界が直面する様々な環境変化を踏まえ、昨年に引き続き「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」することを目的として実施される。

 第1回目の採択企業とはプログラム期間終了後も実証実験や実用化に向けた取組みを進めているという。

 第2回目となる今回は、郵便・荷物の引受から配達まで一貫した業務を先進的なテクノロジーによって最適な形へと変革をしていくことを目指しており、「郵便・物流のバリューチェーン全体をテクノロジーで変革する」というテーマを掲げている。

 日本郵便はこのプログラムを通じ、自社が保有する郵便・物流ネットワークを活用して参加スタートアップ企業との共同実験やその早期の実用化に向けた取り組みを進めるという。
 サムライインキュベートは国内外でのスタートアップ支援によるノウハウを活かし、プログラムにおける企画・運営・実施のサポート、優れたビジネスアイディアを持つ企業への出資検討などを行うという。

「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」開催概要

【プログラムビジョン】
これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに

【メインテーマ】
郵便・物流のバリューチェーン全体をテクノロジーで変革する

【個別テーマと具体例】

  1. 物流拠点におけるオペレーションの「自動化」「見える化」
  2. 郵便配達エリアの「最適化」とポスト内「見える化」
  3. 郵便局間における運送便ダイヤの「最適化」
  4. 国際郵便等のオペレーションの「効率化」
  5. 郵便・物流のリソースを活用した新サービス

【応募ベネフィット】

  1. 郵便・物流ネットワークの活用による実証実験の推進
  2. 出資・メンタリング

【専用Webサイト】
URL:http://event.samurai-incubate.asia/jp-logitech/

【募集期間】
2018年7月5日(木)~2018年8月19日(日)

【その他】
主催:日本郵便株式会社
共催:株式会社サムライインキュベート