日本ユニシス、日米Fintech育成ファンドへ出資し、 オープンイノベーションによる事業創出を加速

 日本ユニシスは、主に日米のFintechスタートアップ企業を対象とした投資ファンド「SV-FINTECH Fund」へ出資し、Fintech領域における事業開発で協業すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 FinTech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SV-FINTECH Fund」は、インターネット領域における事業開発実績のあるVOYAGE GROUPと、シリコンバレーを中心にベンチャー投資とビジネス開発を行うキャピタル・ディレクションが共同で立ち上げたFintech専門ファンド。国内外の優れた技術やソリューションをもつFintechスタートアップ企業への出資に加え、当該ファンド出資企業(LP)と協調したハンズオン型の事業開発を強みとしており、2017年1月の設立以降、複数の新規事業立ち上げ実績がある。

 日本ユニシスは、「SV-FINTECH Fund」への出資・協業を通じ、投資先Fintechスタートアップ企業との幅広いチャネル獲得に加え、ファンドGP企業の有する事業開発力を得る。それによって、Fintech領域で高い事業シナジーが見込まれる金融機関に向けた新たな事業創出や、業種・業界の垣根を超えたビジネスエコシステムを形成し、社会課題の解決を図るとしている。