リエールファクトリー、キャッシュレス社会を促進する決済サービス業界カオスマップ2018年版を発表

 リエールファクトリーは、キャッシュレス社会を促進する決済サービスのカオスマップを発表した。様々な決済サービスがユーザーを拡大している一方、コード決済や電子マネー、クレジットカードの利用可能店舗が限られているため、決済サービスは浸透しきれていないことが分かった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ファイナンス キャッシュレス 電子決済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 個人のライフスタイルに合った最適な決済方法診断「AI-Credit」を提供するリエールファクトリーは、10月3日、キャッシュレス社会を促進する決済サービスをカオスマップとして発表した。

 経済産業省がキャッシュレス・ビジョンを発表し、コード決済をはじめとする「現金で支払わない」決済サービスが多数リリースされている。また、これまでリリースされた決済サービスは金融機関との連携を強め、消費者に対しての利便性を高めている。

 スマートフォン決済・カード決済が普及していく中で普及のカギとなるのが、共通ポイントの存在。自社のポイントだけでは集客力がないお店も、共通ポイントを導入することで来店の促進が可能となる。

 また、様々な決済サービスが、ポイント還元率などのサービスを拡充し、ユーザーを拡大している一方、決済サービスは浸透しきっていないという。その要因のひとつとして、コード決済を利用できる店舗が限られている点が挙げられる。また、電子マネー、クレジットカードを利用できる店舗も広がっていない。

 そのため、どの店舗でどの決済方法を利用できるのか、消費者が把握できていないのだという。