インテック、富山第一銀行と共同でブロックチェーン技術を応用したデジタル通貨実証実験を開始

 インテックは、11月28日より富山第一銀行と共同で、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験を開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー ブロックチェーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の実証実験では、富山第一銀行が本店内にデジタル通貨専用の口座を設け、行員が振り込んだ日本円と同額のデジタル通貨(1円=1FBC)を発行するもの。インテックと富山第一銀行が開発したスマートフォンアプリ(First-B Pay)を使用し、本店内売店での商品購入や、行員の個人間送金、残高照会が可能になるという。商品購入の際は、商品についているQRコードをスマートフォンで読み取ることで決済が完了する。

 なお、デジタル通貨を処理するブロックチェーンは、全国銀行協会が設置した「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を使用する。

 インテックは、実証実験で得た使い勝手の評価や利用状況の分析から、今後地域通貨で想定される課題を抽出、さらにはIoTやAI技術と組み合わせたシェアリングエコノミーでの活用を検討するとしている。

デジタル通貨実証実験の概要

1.実施概要

  • 予定期間:2018年11月28日~2019年4月23日
  • 実施企業:富山第一銀行(実験フィールドおよびデジタル通貨の利用評価)、インテック(システム開発および運用サポート)
  • デジタル通貨名:「First Bank Coin(FBC)」
  • スマホアプリ名:「First-B Pay」
  • プラットフォーム:「ブロックチェーン連携プラットフォーム」

2.実施目的および評価内容

  • 目的:ブロックチェーンの有効性とキャッシュレス決済の有効性を検証する。
  • 検証内容:ブロックチェーンの正確性、キャッシュレス決済の有効性、利用者の操作性、取引情報の履歴確認、デジタル通貨流通量の状態確認、システムの処理性能、運用操作性、拡張性、障害時の回復性など。