ティーアイ、多拠点生活をサポートするためのバーチャル都市を開発

 AI×VRで働き方改革と地方創生を目指すティーアイは、多拠点生活を行うデュアラーのためのプラットフォーム(デュアララ!!(仮)、以下 DARR)の開発を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー VR リモートワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティーアイが開発したDARRは、VR上にオフィスを建設し、そこに出社することで移動せずとも働くことを可能にしたプラットフォーム。

 今後ティーアイは、以下を目指しサービス展開をしていくという。

  • 地方のビジネス参入障壁を撤廃
  • リモートワークによる働き方改革
  • 都会のストレスから開放

 また、企業オフィスだけでなくコワーキングスペースを含む都市をVR上に建設することで、新しい働き方を提供するとしている。