ウェザーニューズ、動画解析を用いた日本初のAI道路管理支援システムの実用化に向けた実証実験を実施

 ウェザーニューズは、2019年夏までに「AI道路管理支援システム」を実用化することを発表した。10月には盛岡市で車載カメラ映像のリアルタイム転送の実証実験を実施。今冬は路面凍結・積雪の把握や白線検知に関する実証実験を実施予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェザーニューズは、2019年夏までに「AI道路管理支援システム」を実用化することを発表した。このシステムは、AI技術を用いた動画解析によって路面状況の変化を自動で検知・マッピングするもの。それにより、積雪や損傷の早期発見・早期対処が可能になるという。情報通信研究機構、クレアリンクテクノロジー、IoTコンサルティングの技術協力によって、車載カメラ映像の高解像度での伝送や低コストでの導入が実現できるとしている。

 10月22、23日には、盛岡市内を走行する車両の車載カメラ映像から、事故やパンクの原因となる路面損傷を検出する目的でリアルタイム画像転送の実証実験を実施。さらに今冬は、路面凍結・積雪の把握や白線検知に関する実証実験を実施予定だという。