500 Startups Japan創業メンバー、新VCファンドCoral Capitalを設立

 500 Startups Japanを立ち上げたJames Riney氏と澤山陽平氏が、新たにCoral Capitalを設立し、Coral Capital II, L.P.を組成した。また、一次募集で、ファンド総額が当初目標である50億円に達したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ ファイナンス 事業開発 VC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のベンチャーキャピタル500 Startupsの日本向けファンドである500 Startups Japanを立ち上げた、James Riney(ジェームズ・ライニー)氏と澤山陽平氏は、新たにCoral Capital(コーラル・キャピタル。以下、「Coral Capital」)を設立したと発表した。Coral Capital II, L.P.(以下「Coral Capital 2号ファンド」)を組成したという。あわせて、一次募集で、ファンド総額(出資約束金額の総額)が当初目標である50億円に達したと発表した。

 Coral Capital 2号ファンドは、シードステージの日本のスタートアップ企業を投資対象としている。みずほ銀行、三菱地所、電源開発、新生銀行などの事業会社、日本・シリコンバレー・香港・シンガポールの著名な個人投資家やその運用ファンド、そして機関投資家が主な出資者だという。

 3月5日に開催した設立発表会で、Coral CapitalのFounding Partner/CEOを務めるジェームズ・ライニー氏は「私たちは、資金にとどまらず、成長に必要な様々なリソースを提供していきます。海の生態系の基盤を支えるサンゴ礁(Coral)のように、起業家たちを育む基盤となるようなファンドを目指します」と話した。

Coral Capital Founding Partner & CEO James Riney氏Coral Capital Founding Partner & CEO James Riney氏

 Founding Partnerを務める澤山陽平氏は「『戦略的に、未来へ』をスローガンとしています。未来を漠然と待つだけではなく、ただ闇雲に走るだけでもなく、テクノロジーによる変革が求められている業界を変え、世界を作るべく戦略的に戦っている起業家を支援していきます」と説明した。

Coral Capital Founding Partner 澤山陽平氏Coral Capital Founding Partner 澤山陽平氏

 Coral Capitalは、下記の4つの機能をより効果的に提供するプラットフォームを構築し、投資先スタートアップの成長に貢献していくとしている。

  • FUNDRAISING(資金調達)
  • RECRUITING(採用)
  • PUBLIC RELATIONS(広報)
  • COMMUNITY(投資先スタートアップの繋がり)

 また、発表会では出資者を代表して、みずほ銀行 イノベーション企業支援部 執行役員 部長の大櫃直人氏と、三菱地所株 新事業創造部長の小林京太氏が挨拶を述べた。

 大櫃氏は「これからの日本の将来を作っていくようなスタートアップの発掘・育成に、パートナーとして取り組んでいきます」と話した。

 小林氏は「丸の内・大手町エリアに良質なスタートアップコミュニティを根付かせ、イノベーションの生態系をつくることに貢献できればと思います」と語った。