freeeが勤怠ワークフローを提供開始。上場準備に必要な「勤怠管理」の整備が可能に

 freee株式会社は、人事労務freee上で勤怠管理がスムーズにできる機能「勤怠ワークフロー」を提供開始した。勤怠にまつわる申請フローが簡略化されることにより給与計算担当者の負荷が大幅に軽減されるだけでなく、上場準備に必要な勤怠管理の整備が可能になる。また、直近の勤務データを基にBotが承認判断をサポートする「自動チェック機能」も搭載した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] HRTech 勤怠管理

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤怠ワークフローとは

 人事労務freee上で「従業員」が勤怠にまつわる各種申請(有休/代休/残業/遅刻早退/欠勤や月次勤怠確定など)を行い、リーダーやマネージャーなどの管理者が承認を行う仕組み。
勤怠ワークフローにより、適切な労務管理が実行でき、それが記録として残る。
また、従業員の膨大な量の勤怠データを確認する給与計算担当者の負荷が大幅に軽減される。

勤怠ワークフローを活用することで労務担当の確認作業が軽減される

勤怠ワークフローを活用することで労務担当の確認作業が軽減される

管理者の承認をサポートする「自動で申請チェック」機能を搭載

 従業員からきた申請を管理者が承認する際、直近の勤怠状況や雇用形態に沿った就業規則を確認してから、承認する必要があり、従業員の数が増えれば増えるほど、管理者の承認作業負荷が大きくなり、判断を誤るリスクがある。
そこで、申請された内容を管理者がチェックする前に人事労務freeeのBotが直近の勤務データを基にアラートを発信する。