オイシックス・ラ・大地、食領域のスタートアップ企業支援に「Future Food Fund」設立

 オイシックス・ラ・大地は、食領域に特化したスタートアップ企業への出資を目的としたコーポレートベンチャーキャピタルを推進する戦略統括小会社「Future Food Fund」を8月31日に設立する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Future Food Fund」は、食領域のスタートアップ企業支援を目的としたファンドの設立を予定している。第一号ファンドは「Future Food Fund」が無限責任組合員(GP)として運営し、国内の食品関連を中心とした企業の有限責任組合員(LP)とともに、数十億円の投資規模で設立予定。

 オイシックス・ラ・大地は、2016年10月にフードテック関連への投資・提携を行う専門に行う投資部門「Food Tech Fund」を立ち上げている。同部門を通じてこれまでに、アグリテック、国産農産物の海外への販路開拓など、食分野の新たな価値創造に取り組む6社への出資及び事業提携を行ってきた。

 新たに設立する「Future Food Fund」は、国内の食品関連の事業会社や、海外のベンチャーキャピタル・インキュベーターと連携することで、これまでの取組を拡大し、パートナー企業とともに、国内外の先進的な食・農・ヘルスヘア領域への積極的な投資を行うとしている。