博報堂、アドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミル、チーム企業型事業創造を目指し業務提携

 博報堂は、アドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミルの各社と、博報堂の新規事業開発組織である「ミライの事業室」が方針として掲げる「チーム企業型事業創造」の推進に向けた業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂は、自社が強みとするクリエイティビティと生活者発想によって、既存の産業の枠からは生まれにくい生活者中心のイノベーションを実現するために、新規事業開発組織「ミライの事業室」を2019年4月に新設。ミライの事業室は、“事業創造を通じて、ミライの新しい生活をつくる”というビジョンのもと、クライアント企業やスタートアップ、大学、行政など産学公を横断する大きなチームを組むことで、単一企業では解決できないより大きな社会課題の解決に挑戦する「チーム企業型事業創造」を方針として活動している。

 今回の業務提携によって、各社と博報堂ミライの事業室とが互いの強みを発揮し合う体制を構築し、新規事業創造を強力に推進していくことを目指すとしている。