みらかホールディングス、コーポレートベンチャーキャピタル会社を設立

 みらかホールディングスは、みらかグループの成長戦略を加速すべく、コーポレートベンチャーキャピタルとしてMSFキャピタルパートナーズを設立した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みらかグループは、2017年に第2の創業を掲げ、みらか中央研究所を中心としてグループ全体の基礎研究を強化するとともに、国内外の企業および研究機関等とのアライアンスや新規事業創出を推進してきた。このたび設立したMSFキャピタルパートナーズでは、これらの取り組みを更に強化・補完するとともに、独立的な立場からオープンイノベーションを推進し、より広範に革新的な技術や新しい事業シーズを探索することを目指す。

 MSFキャピタルパートナーズの立ち上げ及び運営について、i-nest capitalをアドバイザーとすることで、迅速なCVC活動の立ち上げ及び有望なベンチャー企業の発掘を進めていくとしている。