SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ヒトと人工知能が「協働」する時代

なぜ多くの企業でAIとの協働は進まないのか──AI導入の先進企業から分かった“5つの特徴”

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

AIのビジネス活用のための“MELDS”はマネジメント層が主語になる

 業務プロセスを再構築するのは容易ではなく、多くの企業がその途中で足踏みをしています。しかし、一方でそれに成功する企業も数多くあり、ビジネスに大きな改善をもたらしています。その両者を分けるのは、ここまで述べてきた5つの要素「MELDS」です。冒頭で述べた課題に対しても、 (1)に対してはMとEが、(2)に対してはEとLが、(3)に対してはDとSの各要素が対応しています。“MELDS”を重点的に見直すことで、AIのビジネス活用を強く進めることができるといえます。

3つの課題に対するMELDSの関係性(アクセンチュア作成)3つの課題に対するMELDSの関係性(アクセンチュア作成)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ヒトと人工知能が「協働」する時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

保科 学世(ホシナ ガクセ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

瀧内 孝輝(タキナイ コウキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング