Biz/Zineニュース

ESRIジャパン、トヨタ自動車のデータを活用したサービスを開始

 GIS(地理情報システム)ソフトウェアのESRIジャパンは、トヨタ自動車(以下、トヨタ)のコネクティッドカーから得られるカープローブデータの利用契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] コネクティッドカー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ESRIジャパンが提供するロケーションインテリジェンスプラットフォーム「ArcGIS(アークジーアイエス)」と、コネクティッドカーから得られるカープローブデータを活用することにより、季節や時間帯、曜日(平日・休日)ごとの交通統計に基づく、よりインテリジェントな配送ルート計画を実現する。ESRIジャパンは、トヨタのデータを活用することにより、少子高齢化と人口減少、流通する物流量の増加に伴う慢性的なドライバー不足といった日本が抱える社会課題の解決を目指し、新たなシナジーの創出のために活動していく。