Biz/Zineニュース

トッパン・フォームズとKeychain、IoT分野でのブロックチェーン活用に関する実証実験を実施

 トッパン・フォームズとKeychainは、IoTデバイスのデータ通信における機器認証にブロックチェーン(分散台帳)を活用し、高速・軽量な認証基盤を構築する実証実験でセキュリティ確保に関する有効性を確認することができたと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トッパンフォームズとKeychainは、2020年4月1日に戦略的パートナーシップ契約を締結し、IoT分野におけるブロックチェーンの活用について取り組みを進めている。

 その第一弾として、トッパン・フォームズ関西の大阪桜井工場で行われている「感情・ストレス分析サービス」の実証実験において、ウェアラブルデバイスからバイタルデータを収集するIoTゲートウェイと、クラウドとの間の通信でセキュリティを確保する実証実験を実施。この実証実験では、認証管理のみをブロックチェーンに記録し、その他のデータは暗号化しインターネットを介して送信することで、高速・軽量な認証基盤と、端末レベルでのセキュリティ確保が実現できることを確認したという。なお、認証基盤の構築には、さまざまなブロックチェーン基盤上で利用できるアプリケーション開発フレームワーク「Keychain Core」を用いている。