Biz/Zineニュース

アクセンチュア、顧客のAI活用をさらに強力に支援する拠点「AIセンター」を設立。筑波大学と産学連携

 アクセンチュアは、AI領域においてアクセンチュアが持つ最新かつ最先端の知見、技術や人材を組み入れ、顧客のAI活用をさらに強力に支援する拠点「AIセンター」の開設を発表した。また、筑波大学人工知能科学センターとともに、AI活用における人材育成や研究開発、エコシステム構築分野での産学連携の推進も発表。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発 企業戦略

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクセンチュアは、「Digital is Everywhere(デジタルはもはや当たり前)」という考えのもと、すべてのサービスの根幹にデジタルの力を据えることでお客様のイノベーションを支援。中でも、あらゆる側面でAIを活用し、顧客に提供するサービスをさらに高度化、効率化させるべく、今回、関連する専門家、知見や機能をAIセンターに集約させたのだという。これによって、日々顧客と接するコンサルタントは、アクセンチュアが提供する最新かつ顧客に最適なAI関連サービスを圧倒的なスピードと効率をもって提供することが可能となり、顧客のAI活用をさらに強力に支援する体制が整うとしている。さらに、顧客とのイノベーション創発拠点であるアクセンチュア・イノベーション・ハブ東京(AIT)に対して、顧客からのニーズや市場動向を踏まえて、AIセンターで開発するソリューションやデモなどの素材をタイムリーに展開することで、顧客のAIT利用体験のさらなる向上にもつなげていきたいと述べている。

 AIセンターでは、顧客に対する提案の初期段階から、AIの専門家やデータサイエンティストが参画し、AIを活用することによるリアルな効果シミュレーションを行うほか、実際に動作するデモを迅速に開発。また、各産業の専門家と連携することで、汎用性の高い AI Poweredサービスの開発や展開を加速させるほか、幅広いお客様に向けた分析業務の効率化を図るという。さらに、AI関連トレーニングプログラムや環境を拡充することで、アクセンチュア社員全体のAIおよびアナリティクススキルを向上させるほか、大学や研究機関とも連携し、先進的なAIに関する共同研究や情報発信を行う。

 中でもアクセンチュアと筑波大学は、AIセンターを介してAIに関する学術的な知識と、ビジネス現場での実践的なAI応用力に関する知見を共有し、実社会の課題解決に貢献する人材育成とその仕組みを構築。また、先進的な共同研究や筑波大学発スタートアップの立ち上げ支援も行い、両者共創によるイノベーションを促進するとしている。さらに、第三者とも協働し、実社会における課題解決に向けた、先進的なAI技術を活用する共同研究の実施や、実証の場を整備する。