Biz/Zineニュース

Wovn Technologiesのアプリ多言語化ソリューションWOVN.app、フェンリルと協業

 アプリ多言語化ソリューション『WOVN.app(ウォーブン・ドットアップ)』を提供するWovn Technologiesが、フェンリルと多言語対応アプリ開発の領域において協業を開始したことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 新型コロナウイルス関連倒産 UIUXデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界では、Z世代がメインワーカーとなる時代が到来し、主軸デバイスはモバイルへと変わり、アプリを通じたコミュニケーションやワークスタイルがより一層加速していくことが大いに見込まれている。加えて日本では、少子高齢化の労働力を補う上で、在留外国人の労働力が必要不可欠な存在となりつつある。また、昨今のコロナ禍の影響により業種業界、業態を問わず DX の急速な導入と推進が求められている。このような状況の中、異文化環境となる日本国内で働く在留外国人にとって、生産性や業務効率を向上するためにも、業務で使用するアプリの多言語化に対するニーズが日増しに高まっているのだという。

 今回の協業により、フェンリルと WOVN それぞれの強みを統合することで、“日本人ユーザー以外にも直感的に扱え、ストレスなく長く使い続けてもらえる”多言語対応アプリの開発を、企画からリリースまでワンストップで行うことが可能となるとしている。

フェンリルの強み

  • 見た目だけでなく、ユーザーの課題を解決できるサービスデザイン、最短で課題解決できるような導線設計、情報設計など、最高のユーザー体験を提供する確かなデザイン力
  • プロジェクトの本質を見抜き、コストと成果のバランスを考えながら最適な技術を取捨選択し、プロジェクトを成功に導く確かな技術力
  • 大手クライアントの大型案件を中心とした、400社、600件以上のアプリ/ Web 開発実績
  • 独立した部門によるユーザー満足度目線での QA テストによる品質保証

協業の概要

 HCD の専門的手法で確立された企画メソッドに基づいた UI/UX デザインから、スマホアプリ・Web アプリ制作まで一貫して提供できるフェンリルと、スマホアプリ・Web アプリの多言語化ソリューションを持つ WOVN が協業することによって、『幅広い国籍のユーザーに長く使い続けて頂ける、デザイン性が高く多言語対応が可能なスマホアプリ・Web アプリ』の制作を実現することが可能に。