Biz/Zineニュース

SMBCグループ、シリコンバレー・デジタルイノベーションラボを活用した自然言語処理AIを導入

 三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)と日本総合研究所は、JSOL、Allganize Japan(以下、Allganize)と共同開発した先端自然言語処理を用いたAIシステムを、2021年上期に導入すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI 自然言語処理

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Allganizeがこのシステム向けに開発した自然言語処理は、先端自然言語処理のデファクトスタンダードであるBERTの派生モデル「ALBERT」と独自の自己教師学習を組み合わせることで、学習に必要となる計算量や計算時間、処理装置の費用を抑制しながらも学習に係る負荷の省力化を実現できるもの。SMBCグループでの実証検証でも、現行システム対比で、学習に係る業務負荷が大幅に削減されることが確認できたという。

 SMBCグループでの利用第一弾として、SMBC日興証券と三井住友カードのコールセンターにて、顧客からの照会にオペレーターが素早く正確に答えるための支援に、このシステムを利用する。

 また、コールセンターにおけるオペレーター支援業務以外にも、SMBCグループ全体に利用拡大する予定だとしている。