Biz/Zineニュース

北陸先端科学技術大学院大学とデル・テクノロジーズ、新しい超並列計算機システムを運用開始

 北陸先端科学技術大学院大学(以下、JAIST)とデル・テクノロジーズは、新しい超並列計算機システム「KAGAYAKI」に、「Dell EMC PowerEdge R6525」を基盤としたスーパーコンピュータシステム(以下、「Dell EMC PE R6525 SCS」)を採用し、2021年3月からJAISTにおいて本格運用を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JAISTに導入された「Dell EMC PE R6525 SCS」は、最新のAMD製プロセッサを搭載した「PowerEdge R6525」サーバ280台を、高速なインターコネクトネットワークであるインフィニバンドHDRで接続したクラスタ型スーパーコンピュータシステム。

 旧システムと比較すると、理論演算性能は約2.24倍の1.49PFLOPS(最大で毎秒1490兆回の浮動小数点演算を実行)、CPUコア数は約1.8倍の35,840コア、総メモリ容量は約2倍の140TiBと大幅な性能向上を実現している。これにより、JAISTは、ナノテクノロジー、データマイニングなど先端科学技術分野における世界トップレベルの研究開発を更に加速させることができるという。また、コンテナ型仮想化にも対応し、種々のHPC/AI研究環境を整備しており、ユーザー自身で煩雑な計算機環境を構築する手間を省き、ユーザーの研究加速をサポートするとしている。

 このシステムのもう一つの特長は、iDRAC(integrated Dell Remote Access Controller)によるシステム管理。iDRACは「PowerEdge」サーバに標準搭載された管理プロセッサで、リモートによるシステム監視管理機能だけでなく、防御・検知・復旧を重要視したハードウェアレベルの優れたセキュリティ機能を有しており、効率的且つ安全性の高いシステム運用を実現するという。

JAISTにおける教育研究への活用

 JAISTの運用上の特徴は、学生が自由に高性能な計算機環境にアクセスできること。入学後すぐに全学で有効な計算機アカウントが発行され、特別な申請なしに、直ちに高性能な計算機環境を利用して最先端の教育研究活動を展開できる。また、民間企業や他大学などの他研究機関所属研究者とJAIST研究者との共同研究においても、複雑な利用申請なしに利用することができるとしている。