SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

不確実な時代のビジョン・戦略策定手法

シナリオプランニングの成否を決める3つの事前準備と最初の2ステップとは?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

シナリオプランニングのステップ1:未来に関する情報収集

発散・創発・収束フェーズを繰り返す

 シナリオプランニングの実践に入る上で、発散・創発・収束という3つのフェーズを理解しておくことが役立ちます(図1)。「発散フェーズ」では、多様な情報や視点が持ち込まれます。そして、「創発フェーズ」では策定チームでの議論・対話を通じて、それまで存在しなかった新たな気づきや発見が生まれます。「収束フェーズ」では、策定チーム内で方向性がまとまり、一つの意見やアウトプットが形成されていきます。

図1:発散・創発・収束の3つのフェーズ図1:発散・創発・収束の3つのフェーズ

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
不確実な時代のビジョン・戦略策定手法連載記事一覧
この記事の著者

後藤 拓也(ゴトウ タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング