連載・コラム ヤマハ発動機流データ分析の民主化

データの民主化に必要な「データ分析を依頼する技術」──DX研修の企画段階にある“失敗の兆候”とは?

第2回

 独自に企画した内製のオンライン研修によってデータ分析の民主化を大きく前進させている、ヤマハ発動機の取り組みを紹介する連載。前回は、会社の特徴や内製研修の実施に至る前までの試行錯誤についてお話ししました。今回は研修のコンセプト、そしていよいよ実際の講義内容へと話は進みます。

[公開日]

[著] 大西 圭一

[タグ] データ・アナリティクス 企業戦略 DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ分析の民主化は「頂を高める」から「裾野を広げる」へ

「データ分析の民主化を進め、みんなが当たり前にデータを活用できる会社にする」

 2019年末、私たちデータ分析グループはこのミッションを明確に打ち出しました。では、どう具現化していくか。2020年初頭の時点で考えていたのは、「ブートキャンプだけでデータ分析人材を育てていくのは無理がある。それは薄々感じている。でも立ち止まることなく、今年もブートキャンプをやろう」といったことでした。状況が大きく変わるまでは……。

 その状況変化とは、新型コロナウイルスの世界的流行です。感染拡大防止のため、集合研修が社内ルールで禁止となりました。当然、ブートキャンプもできません。ゼロベースから「どうやってデータ分析の民主化を進めるか」を練り直すことになりました。

 まず「集合研修ができないなら、オンライン研修を内製でつくろう」という方針が決まりました。そして、オンライン研修なら受講人数をもっと増やせるよね、と議論が進みます。前年のブートキャンプ受講者は29名。オンラインなら桁を1つ上げられるよね、と。

データ分析官研修(通称ブートキャンプ)画像クリックで拡大

 では「桁を1つ上げた人数」を対象としたとき、誰に向けてどのような内容の研修にするか。オンライン版のブートキャンプ、つまり元々データを扱える人のスキルをさらに伸ばす、という方向性は違う。それでは結局「受講したい」と手を挙げる人は限られてしまう。「データ分析の民主化」というミッションを明文化したことも忘れてはならない。ならばオンライン研修は、これまでの「山の頂を高める」という方向性から「裾野を広げる」方向性へ振り切ろう。そんな考え方で、研修のコンセプトを固めていきました。

研修コンセプト:データ分析官と一緒に仕事ができる人を育てる

 独自に企画したオンライン研修は、1日30分の動画を25日間にわたって見る、というもの。オンデマンドでの視聴も可能としました。名前は「セルフペースラボ」。そのコンセプトを一言でいうと「データ分析官と一緒に仕事ができる人を育てる研修」です。

 自分でコーディングできなくていい。自分で分析できなくていい。でも、データ分析官に的確に仕事を依頼できる。分析結果を使って改善し、インパクトを出せる。そういう人を増やすことで、データの利活用が全社で進むようになることを目指しました。

バックナンバー