Biz/Zineニュース

日立製作所、福岡市の「インフラテック実証プロジェクト」における地下埋設物の検知の実証に参画

 日立製作所(以下、日立)は、福岡市が実施する、民間事業者のアイデアやAI・IoTなどの先端技術を活用して社会課題の解決をめざす「インフラテック実証プロジェクト」のテーマの一つである「地中レーダ等を活用した地下埋設物の検知」に関する実証に参画する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI 日立製作所 インフラテック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この実証において日立は、地中レーダー探査とAI解析を用い、地下の埋設物情報の可視化を実現する「地中可視化サービス」により、下水道工事において課題となる、水道管やガス管といった地下埋設物の試掘調査の高度化・効率化に取り組む。

 「地中可視化サービス」は、3次元地中探査技術を強みとし地質調査を専門とする応用地質と連携し、日立のLumadaのAI・画像解析技術と組み合わせ提供する独自のサービス。位置や寸法、属性といった地下埋設物情報を広域かつ高精度に可視化し、埋設管の設計・施工の効率化、埋設管の損傷事故や工期遅延の発生リスク低減を支援していく。

 この実証では、地中レーダー探査により地中の埋設物の位置情報を取得して可視化し、試掘結果と比較して、測定精度を検証するという。