Biz/Zineニュース

NTT東日本と立教大学、AIと3DCG・VR技術によるバーチャルキャンパスの実現に向けて協力

 立教大学 大学院人工知能科学研究科と、東日本電信電話 東京事業部(以下、NTT東日本)は、新たな学習環境であるバーチャルキャンパスの実現に向けた実証実験について相互協力協定を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] VR AI NTT東日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立教大学とNTT東日本は、AI技術と高精度3Dモデルによる、実在感・臨場感のあるバーチャルキャンパス空間を提供することで、新しい学びの環境構築・課題解決を図っていく。バーチャルキャンパスでは、学生・教職員がリアルな3Dアバターを操作し、臨場感のある仮想教室で講義・グループワークを実施し、人工知能を搭載したVirtual DroidがTA(ティーチングアシスタント)としてVR空間で活動することを目指し開発を進めていく。また、将来的には、3DCG化の対象を教室から大学全体へと拡大し、立教大学の歴史的な施設をバーチャルキャンパスとして再現することも検討するという。

 立教大学とNTT東日本は今後、他の大学等への展開や、教育分野以外のバーチャルオフィス・バーチャル観光等、幅広い分野への発展について検討・検証していく。また、AI技術とネットワーク・プラットフォーム等を掛け合わせることで、自治体や民間企業・各種団体等とも協業の幅を広げ、産官学による高齢化社会を迎えての介護福祉分野での社会課題等、幅広い社会課題の解決に向けた共同検討・検証を進めていくとしている。