Biz/Zineニュース

KDDI、海外企業4社と共に日欧横断するMECを活用したPaaSの実証実験を開始

 KDDI、Deutsche Telekom AG(以下、ドイツテレコム)、MobiledgeX、Sturfee、Mawariは、2021年6月29日から、日本と欧州を横断するマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)を活用したPaaS(Platform as a Service)の実証実験を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 実証実験 KDDI PaaS MEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5社は、本実証実験を通じて、MECを用いたXRアプリケーションの実装に必要となるVPS(Visual Positioning Service)やXRコンテンツストリーミング技術を、API/SDKとして利用可能とするPaaSを実現することで、顧客の課題解決やグローバルビジネス機会の創出を支援する。今後は、5GとMECを活かしたユースケースの開発を進め、国や通信事業者に依存せず同品質のアプリケーションの提供を可能にするプラットフォームの実現を推進していくという。

本実証実験概要

 MobiledgeXの技術を活用し、KDDIとドイツテレコムのMECへXRアプリケーションを効率良く展開できるプラットフォームを構築。そのプラットフォームを用いて、MECへ展開されたSturfeeの空間認識技術であるVPSと、Mawariの提供するXRコンテンツのストリーミング技術の連携を可能とするAPI/SDKなどのサービスをPaaSとして整備していく。KDDIのクリエイティブチームである「au VISION STUDIO」が企画・開発したバーチャルヒューマン「coh」などのXRコンテンツを日欧横断で提供できることを検証するという。

 なお、アプリケーション開発者やコンテンツクリエイターなどが、XRコンテンツのグローバル展開を容易に実現できるよう、API/SDKなどを「au VISION STUDIO」のウェブサイトに2021年10月以降公開するとしている。