SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日産自動車、電気自動車生産ハブ「EV36Zero」に10億ポンドを投資

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 日産自動車は、欧州におけるカーボンニュートラルの実現に向け、電気自動車(EV)生産のエコシステムを構築するハブとして「EV36Zero」を公開した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 EV36Zeroにより日産は、サンダーランド工場を中心にカーボンニュートラルへの取り組みを加速させ、ゼロ・エミッション実現に向けて、新たに360度のソリューションを確立する。

 このプロジェクトには、日産とエンビジョンAESC、そしてサンダーランド市議会によって10億ポンドが投資され、EV、再生可能エネルギー、バッテリー生産という相互に関連した3つの取り組みによって、自動車業界の未来の青写真を示しているという。

 このプロジェクトは、日産のサンダーランド工場を基盤とし、日産と英国のサプライヤーで6,200名の雇用を創出する。その中には、日産での900名以上の新規雇用と、エンビジョンAESCのスマートで環境にやさしい新たなバッテリー工場における750名の新規雇用が含まれるという。

 エンビジョングループのバッテリー部門であるエンビジョンAESCは、統合されたAIoTスマートテクノロジーを導入し、新しいギガファクトリーでのエネルギー消費、製造、メンテナンスを管理・最適化することで、生産量を拡大し、日産に年間最大10万台分のEV用バッテリーを供給することが可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング