Biz/Zineニュース

清水建設、デジタルゼネコンを目指して中期デジタル戦略に基づくデジタル化コンセプトを策定

 清水建設は、中期デジタル戦略 2020「Shimz デジタルゼネコン」を構成する3つの柱「ものづくりをデジタルで」「ものづくりを支えるデジタル」「デジタルな空間・サービスを提供」の着実な推進・実現に向け、それぞれのデジタル化コンセプトを策定した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 建設DX 清水建設 デジタルゼネコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中期デジタル戦略 2020では、リアルなものづくりの知恵と先端デジタル技術により、ものづくりをデジタルで行い、リアルな空間とデジタルな空間・サービスを提供する建設会社を「デジタルゼネコン」と定義。清水建設が目指すゼネコン像としている。3つの柱の推進・実現に向けたデジタル化コンセプトは、同社がデジタルゼネコンへの成長を遂げるための基幹事業・業務の在り方を示しているという。

 「ものづくりをデジタルで」のデジタル化コンセプトは、建築事業と土木事業の在り方を示している。共通点は、プロジェクトの上流から下流の運用に至るまで一貫したデータ連携体制を構築し、デジタルなものづくりを目指すことだという。

 エンジニアリング事業の在り方を示した「デジタルな空間サービスの提供」のデジタル化コンセプトは、都市・建物デジタルツインの活用によるデジタルなサービスの提供を目指している。これにより、顧客の資産価値向上、運営管理効率化、利用者の利便性・安全・安心の向上に貢献していく。

 「ものづくりを支えるデジタル」のデジタル化コンセプトは、従業員がいつでもどこでも安全に業務を行うことができ、建築・土木のものづくりや空間・サービスのデジタル化をはじめとする全ての業務を支援するデジタル化基盤全体の在り方を示すという。