Biz/Zineニュース

富士通とNTTドコモ、5Gの相互接続可能なネットワークを構築 産業分野のDXを支援

 富士通とNTTドコモ(以下、ドコモ)は、DX推進やイノベーション推進を目的としたソリューションの実現に向けて、ローカル5Gとパブリック5Gの相互接続可能なハイブリッドネットワークの構築および、有効性の検証などを進めることで合意した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サプライチェーン 5G DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本取り組みでは、富士通の「FUJITSUコラボレーションラボ」と、ドコモの「ドコモ5Gオープンラボ」をシームレスに相互接続できるハイブリッドネットワークを実現。両社が、共同でハイブリッドネットワークを活用したDXソリューションの開発と提供を行い、製造現場をはじめとする産業分野でのデジタル化、スマート化に貢献するとしている。

 具体的には、富士通の検証施設「FUJITSUコラボレーションラボ」に、ドコモのパブリック向け5G基地局を設置して、富士通のローカル5Gとドコモのパブリック5Gが相互接続可能になるハイブリッドネットワークを構築。製造業向けに、サプライチェーンを包括的にカバーできるソリューションの検証環境を整備するとしている。また、富士通のソリューション共創プログラム「ローカル5Gパートナーシッププログラム」にドコモが加入し、ハイブリッドネットワークを活用した新たな製造業向けDXソリューションを共同開発するという。

タイトル

 さらに、ドコモが提供する「ドコモ5G DXスクエア」の取り組みにおけるパートナー運営拠点として、「FUJITSUコラボレーションラボ」が参画。これにより、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」加入企業・団体や、「ドコモ5G DXスクエア」を利用する企業・団体が、「FUJITSUコラボレーションラボ」において、5Gの技術を生かしたソリューションの開発や実証を行うことができるという。くわえて、企業向けのプログラムも相互に連携することで、各プログラムの参加者は、両社が開発する製造業向けDXソリューションの実証や有効性検証を行うことも可能になるとしている。

 両社は今後、調達から生産、物流、販売に至る幅広い製造業のサプライチェーンへ適用が可能なDXソリューションの開発を進めるとしている。

タイトル