Biz/Zineニュース

サイバーエージェントら、遠隔接客ロボットによるDX自動販売機の利用促進へ

 サイバーエージェントの研究開発組織「AI Lab」および、大阪大学大学院基礎工学研究科の先端知能システム共同研究講座、PRENOは、ムーンショット研究開発事業の一環として、遠隔接客ロボットの実証実験を実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 顧客体験 DX 店舗DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本実証実験では、遠隔接客ロボットが、PRENOの大型モニター付きDX自動販売機「Akoya Pearl Vending Machine」への誘導や案内・操作方法をサポートすることで、来店客の利用を促進できるかを検証するという。

タイトルDX自動販売機

  • 実証実験内容:遠隔対話ロボットが来店客の呼び込み・購入をサポートすることで、大型モニター付きDX自動販売機の利用者数と購入者数を増やすことができるかの検証
  • 日時:2021年8月10日~2021年8月16日
  • 主催:サイバーエージェント、大阪大学大学院基礎工学研究科
  • 協力:PRENO、三井不動産商業マネジメント

 今後は、今回の実証を通して得た結果をもとに、ロボットによる遠隔対話の研究を進め、社会における実用化に向けた研究開発に取り組んでいくとしている。