Biz/Zineニュース

PwC、川崎フロンターレとの共同プロジェクトを始動 富士通有志によるDXプロジェクトとも連携

 PwCコンサルティングは、川崎フロンターレとオフィシャルトップパートナー契約を締結した。川崎フロンターレの成長機会創出のためのプロジェクトを始動するという。また、同じくオフィシャルトップパートナーである富士通の有志が行うDXプロジェクト「フロトラ」とも連携し、3社が相互に協業していくとしている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新規事業開発 DX スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PwCコンサルティングは、川崎フロンターレが掲げるミッションの実現、また新型コロナウイルスをはじめとするクラブを取り巻く外部環境の変化への対応に向け、デジタルによる事業変革や新たな事業創出を通じた成長戦略の策定から、施策の具体化・推進を支援するという。

 また、「フロトラ」との連携や、幅広いステークホルダーを巻き込んだアイデア収集・創出もサポート。デジタルテクノロジーを用いて新たな領域への事業可能性をひろげることで、川崎フロンターレの強さの維持とサポーターのLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)向上および、新たな顧客獲得や体験促進を進めていくとしている。