セミナーレポート Biz/Zineセミナーレポート

失敗率99%のミドリムシ事業を成功させた男の"シンプルな法則"

株式会社 ユーグレナ 出雲充氏:Edu×tech Fes 2015講演レポート

 3月1日、Life is Tech ! の主催で教育とテクノロジーの祭典「edu×tech Fes 2015」 が開催された。4番目のプレゼンターとして登壇したのは、2005年に創業し、その年の12月に世界初のミドリムシの食用屋外大量培養に成功した株式会社ユーグレナ 代表取締役の出雲充氏だ。「ミドリムシが地球を救う」で活動を続ける出雲氏が、自身の経験とその経験から今、若者に共有すべきことを語った。

[公開日]

[講演者] 出雲 充 [取材・構成] 中岡 晃也 [編] BizZine編集部

[タグ] タレントマネジメント 教育IT 人材教育

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出雲 充(いずも みつる)

株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
2005年8月に株式会社ユーグレナを創業し、代表取締役社長に就任。同年12月に、世界でも初となる微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。

10億人にミドリムシ5粒を届ける

 出雲氏の原体験は、自身が高校時代に訪れたバングラデシュにある。バングラデシュは、世界で最も人口密度が高く、半分近い人は一日の所得が1ドルで生活する最も貧しいと言われる国の一つだ。

 それまで食糧問題は「飢え」からくるものだと思っていた出雲氏。1998年の8月、NGOグラミンバンクのインターンシップとしてバングラデシュに訪れたとき、考えを改めることになる。

どの村に行っても、「ダール」という豆カレーがあって、10円あれば食べきれないぐらい出てくる。

 バングラデシュの人たちは炭水化物をたくさん摂ることができる環境にいた。確かに食糧問題はあるのだが「飢え」ているわけではなかった。

 本当の原因は、炭水化物以外の果物、野菜、肉や魚を摂ることが難しいことだった。世界全体で10億人にのぼるといわれる食糧問題を抱える人の多くは“飢え”ではなく“栄養失調”だったのだ

 出雲氏は日本に戻ってきて、栄養分豊富で食糧問題を解決しうる食べ物を探し始める。そして、大学3年生のとき、ミドリムシに出会う。

ミドリムシには植物のように光合成する力があって、しかも動物のように動き回るこの両方の力がある。人間が生活するために必要な栄養素を全てミドリムシが作ってくれる。これで栄養問題解決できる。感動しましたよ。

 培養に最大の課題をもつミドリムシだったが、なんとか、2005年12月、世界初のミドリムシの大量安価培養に成功。ユーグレナの躍進が始まる。

 ちなみに、ミドリムシの栄養素は、ミドリムシ1匹に対して、“たった1g(錠剤5粒)”で、梅干し10個、牛レバー50g、イワシ1匹、鰻の蒲焼1枚、浅利50gと同等となる。

毎日たくさんの食材を栄養失調で困る10億人にお届けすることは不可能です。地球にはそれだけのものを生産する場所がないのです。でも、科学技術の力で、ミドリムシの栄養素を10億人分お作りして届け、地球から栄養失調を根絶することができる。これが私の会社の仕事です。

バックナンバー