SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

デロイトや三菱地所ら、丸の内エリアで「空飛ぶクルマ」の認知度向上施策を始動 VRコンテンツを体験可能

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 デロイト トーマツ グループ、有志団体Dream On、三菱地所、Tokyo Marunouchi Innovation Platform(TMIP)は、空飛ぶクルマ(eVTOL)の社会実装に向けた認知度向上施策を始動。デロイト トーマツ グループとDream Onが共同開発したVRコンテンツを体験できる、空飛ぶクルマVR用体験車両を用いた一般向け実証実験を、2月28日~3月1日の2日間で実施する。

 また、今回の丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)での検証結果を踏まえ、今後は全国各地での取り組みを検討・展開していく予定だという。

  • 実証期間:2022年2月28日、3月1日
  • 実証場所:3×3 Lab Future(東京都千代田区大手町1-1-2 大手町タワー・ENEOSビル1F)
  • 実証対象:TMIP会員企業、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)のワーカー
  • 実証目的
    1. 空飛ぶクルマの社会受容性の検証
    2. 今後の活用・展開可能性の検証
    3. 疑似体験を通じた社会的認知の拡大
  • 想定シーン :空飛ぶクルマのユースケースの一つとして想定している、地方交通への活用

 同コンテンツは、地方空港到着後から空飛ぶクルマによる宿泊予定ホテル到着まで、VRゴーグルを着用した状態で乗り込むフルダイブ型の仮想飛行として体験ができるもの。搭乗手続き、車内での過ごし方、目的地到着後のアクティビティといった一連の流れを通し、乗り換えの手間や移動時間の短縮といった交通課題の解消や、空からの遊覧観光など、地方の活性化への空飛ぶクルマの活用を具体的にイメージできる内容になっているとしている。

  • 搭乗までの手続き:チケット予約や手荷物チェックといった、搭乗までに必要な手続きを体験できる。搭乗するまでの一連のシーンから、安全性、利用の容易さなどを具体的に体験
  • 搭乗中での過ごし方:搭乗後の、目的地までの飛行中のアクティビティや、機内のインフォテインメント(情報と娯楽を融合した造語)にも焦点を当てる。移動中に何ができるのか、どのようなことが起こるのかを体験することで、関連する事業領域のビジネス機会の可能性を示す
  • 降機後のアクティビティ:移動だけでなく、空と地上で連動した新しいアクティビティの提案や、移動中のチケット購入、保険加入などのアクティビティに向けた準備など、空飛ぶクルマのポテンシャルを示す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング