クラスキャット、マルチクラウド対応テレワーク統合サービスの新バージョンを発表

WebメールとWebRTCサービスを追加

 クラスキャット(東京都港区)は、テレワーク(在宅勤務)を支援・推進するさまざまなソリューションをサービスとして選択的に利用可能な、テレワーク統合マネージドサービスの新バージョン「ClassCat Telework v2.0」を4月6日から提供すると発表した。新バージョンでは、WebメールとWebRTC(Web Real-Time Communication)サービスが追加されている。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ClassCat Telework」は、テレワークを支援・推進する目的で提供される統合的なマネージドサービス。SoftLayerまたはAzureクラウド上のマネージド・サービスとして一元的に提供され、v1.0ではWeb会議サービスおよびBYODサービスが提供されている。

 今回発表された「Telework v2.0」では、WebRTCおよびWebメール・サービスを追加。単一のサービスでも利用可能で、特別な機器も必要ないという。

 「Telework v2.0」の主な機能は次のとおり。

 ・Web会議サービス機能:オンラインWeb会議システムの機能を低コストで提供するマネージドサービスで、複数のPC同士の遠隔コミュニケーションやマテリアルの共有を可能にする。特別な環境を用意する必要はなく、ヘッドセット・オーディオデバイス・Webカメラ等を装備する一般的なPCからWebブラウザで簡単に利用できるという。

 ・WebRTCサービス:4人まで同時に音声とビデオで会議に参加可能な「簡易型Web会議」、および電話を模した典型的な「ビデオチャット」サービスが提供される。いずれもWebRTC技術のみを利用したサービスで、WebRTC対応で、Webブラウザから簡単に利用できるという。

 ・BYODサービス機能:クラスキャットのソリューション・サービス「CLOUDIVA SmartPlus」をベースに提供。セキュアなBYOD環境とデスクトップ仮想化環境がサービスとして提供され、Windowsベースのクライアント・サーバータイプのアプリケーションに変更を加えず、HTML5対応のブラウザを搭載したクライアントデバイスを含むiPadやAndroidなどのスマートデバイスでの利用が可能。

 ・Webメール機能:「WebMail for Container」をベースに提供。標準的なWebメールの機能を装備しており、メールサーバとメールアカウントの指定で誰でも簡単に利用可能。