SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

データ分析×ロジカルシンキング

データがあるのに「分析」ができないのはなぜか?

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

データ整理を越えたデータ分析-“軸”を増やすと見えるもの

 これに対して「データ分析」は、具体的な目的があり、その目的のために必要な情報を得るためにデータを深掘りします。単にそこにあるデータの特徴を把握するだけでなく、そこから一般則としても使えるような価値ある情報を引き出して、他の商品や地域、将来の予測など、汎用的に使える結果にたどり着くこともあります。

 これを実現するには、「売上額」のような1軸だけのデータを使うだけでは難しい場合が多く、2軸以上のデータを組み合わせることで、1軸のデータだけでは見えないものをあぶり出す手法が多く使われます(「多変量解析」と一般に呼ばれるものです)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
データ分析×ロジカルシンキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

柏木 吉基(カシワギ ヨシキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング