SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

クラリベイト、「Top100 グローバル・イノベーター 2022」発表 日本企業からは35社が選出

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 2月23日(英国:ロンドン現地時間)、クラリベイトは第11回「Clarivate Top 100 Global Innovators 2022」を発表した。

 同社はデータに基づき、「一定の基準を超える卓越した革新性を一貫して実現している、世界のイノベーション・エコシステムの頂点に立つ組織」を年に1度選出している。今回で第11回となる。

 本年度の「Top100 グローバル・イノベーター 2022」に選出された組織の半数以上(54社)がアジアを拠点としているという。その中で、日本企業の選出は35社、台湾は9社、中国と韓国はそれぞれ5社であったとしている。

 本年度のTop100の中で、最も多くの組織が選出されたのは「電子機器・コンピューティング分野」で、同分野でTop100入りを果たした28社のうち26社がアジアを拠点としている。また、モビリ ティ分野においては、電子機器・コンピューティング分野に次いで12社の自動車関連企業などが輩出されたという。化学薬品・材料の分野も、昨年の7社から10社へと選出企業が増加したと発表している。

 主な結果は以下のとおり。

  • 今回のTop100 グローバル・イノベーターには12の国と地域が選出されており、最多選出国は日本(35社)、次いで米国(18社)、台湾とドイツ(各9社)、フランス(8社)、中国と韓国(各5社)
  • 2020年および2021年の「Innovators to Watch」レポートで予測されていた企業である、General MotorsやHyundaiを含む自動車関連企業の数が、2021年の6社から本年度は12社と、2倍に増加。Ford、Volkswagen、Kia Motorsのほか、11回目の受賞となる本田技研工業とトヨタ自動車も選出航空宇宙・防衛関連企業数も2倍に増加し、Rolls-Royceがこの分野に新たに加わり、SafranやAirbusなどの欧州企業が返り咲いた
  • AU Optronics、Delta Electronics、Wistronなどの「Innovators to Watch」選出企業、再びリストに戻ったTaiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)とMediaTek、初選出となったRealtek Semiconductorsなど、台湾を拠点とする電子機器メーカーや半導体メーカーが注目を集めている
  • 中国では、Alibabaのほか、Ant Groupが初選出
  • 今回のリストには、台湾のIndustrial Technology Research institute(ITRI)、フランスのAlternative Energies and Atomic Energy Commission(CEA)とNational Centre for Scientific Research(CNRS)の、3つの国立研究機関も選出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング